レビュー:世紀末デイズ

はい、という事でソシャゲレビューです。
今回レビューするのは「世紀末デイズ」
かなりやりこんだので、語る資格はある・・はず(^o^;)

◼️概要
風来のシレンやトルネコの大冒険で著名な、スパチュンが開発に携わっているローグライク。
割りと最近リリースされました。
実はワタクシ、上記シリーズがとーーーっても好きで、殆どの作品をかなりやりこんでいます(黒歴史と名高いシレン3を除く)
ということで、当ゲームへの期待感はめちゃ高かった訳です。
果たしてその出来映えは・・

◼️評価点
基本オート操作でもぐんぐん進むのだが、AIがかなり優秀。
しかもそのオート思考を細かく調整できる。
これにより、スマホという小さな画面での操作性の改善をしている。
また、画質モードも選べ、高画質にするとダンジョン内でのデプス(被写界震度)も映え、リアルで綺麗な3Dダンジョンのグラが楽しめる。
キャラクター育成は同キャラを重ねる事でスキルレベルをあげていくタイプなので一見鬼畜に見えるが、イベで手にはいるキャラがどれも優秀。
周回は必要だが誰でもスキルレベルMAXにできるので、無課金にもかなり優しい仕様。
2Dグラも音楽も何処と無くペルソナ風で、どちらも大変良い感じ。
スタミナが切れても他のプレイヤーを助ける救助モードは好きなだけプレイでき、そこで手にはいるポイントも役に立つ。
運営がユーザーの意見に耳を貸してくれている。

◼️問題点
イベがキャラゲット周回と武器周回ばかりでマンネリがはやい。
特に後者は武器のレアリティが☆4までと、最高の☆5が落ちないため、殆ど意味がない。
不思議のダンジョンといえば、装備集め及び合成か楽しみの一つだが、最強武具の種類も少なければ合成もできない。
このシリーズは不慮の死亡もある種の楽しみに繋がるのだが、死んだときのペナルティが緩すぎて、死んだときの絶望感がない。
具体的には、救助で簡単にレスキューできるし、そもそもレベルも装備も失わない。
ダンジョン内でのお店が空気なのも問題。
ほぼその辺に落ちているアイテムしか売っておらず、従来のようなワクワクが皆無。入る事も面倒くさくなる。
ステージクリアには評価があるのだが、ボスの即死攻撃食らうと三ツ星クリアは無理になる。状況によっては回避不可能で飛んでくる。
難易度については序~中盤はスイスイサクサク進む。え?こんな簡単に進めちゃって大丈夫?と思えるほど。
最高難易度の超ハードから難しくなるのだが、高難度ダンジョンが全部敵のステがぶっ飛んでいる・・だけ
従来のように罠を活用するダンジョンや壁を掘るダンジョンなんかは高望みとしても、シリーズおなじみのもっと不思議のダンジョンすら存在しないのでやることは基本おんなじ。
正直飽きる。
ホーム画面からの、もしくはホーム画面への遷移に必要なロード時間が大変長く、辛い。
おまけにショップでのアイテム売買への読み込みも毎度遅い。
ソシャゲといえばログボだが、貰えるアイテムがめっちゃショボい。。
グラは基本良い感じなのだが、最も多く見るであろう、3Dのチビキャラだけは可愛くない。
そしてリリースから日が浅いうちに、運営がフレポガチャの確率下方修正をサイレントでやってしまった。

◼️総評
まだリリースしたばかりなので仕方ない部分もあるが、いかんせんやりこみ要素が不足しており、いままでの不思議のダンジョン系列とはちょっと違うゲーム性に戸惑う。
なので、往年のシレンジャー(不思議のダンジョン大好き人間の総称)は先入観や過度な期待を込めてプレイすると肩透かしを食らうだろう。
ただ、無課金でもプレイは容易く、楽しめるのは好評価。
最初の頃はやることが沢山あり、時間を忘れてプレイ出来ることうけあい。
自分の場合、敵のステがぶっとんで高くなる超ハード終盤戦あたりでブレーキがかかりはじめ、やることがどんどん無くなりアンスコへ至りました。
ゲームとして光る部分があるので、これを基盤に「はやく」「往年のシレンジャーの納得できる」「大型アプデ」が入れば、またガラリと評価は変わるはず。なので今後が楽しみなゲーム。

◼️オススメ度(5点満点)

★★★☆☆
アプデ次第でワンちゃんあるで!運営さん頑張って!!

はい、いかがだったでしょうか。
まあこんな感じでダラダラ自己満レビューしていきたいと思います。
よろしければお付き合いくださいませ。
ではでは、
ばいばい☆

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする